中国地方のNo.1温泉

by admin 0

“中国地方の温泉地は、歴史ある地が多い特徴があります。伝統と歴史に支えられた確かな癒やし効果を感じられるのが大きな魅力といえるでしょう。中国地方のNo.1温泉と言われているのが、鳥取県にある玉造温泉です。中国地方のみならず、日本最古の湯の一つに数えられていて、733年につくられた出雲国風土記や清少納言の枕草子にも記述があるといわれています。玉造と聞くと、美肌の湯としても真っ先に名前が挙がることでしょう。一度入れば肌は若返るといわれ、2度入ればどんな病気も治ると、はるか昔から伝わってきていて、なんと神の湯とよばれていることもあります。この温泉の質は、古い角質を落としたうえで、肌にたっぷりの潤いとハリを与えてくれるといわれています。まるで化粧水に浸かっているほどだといわれるほどです。近年では製薬会社が科学的な分析を行って、その泉質は高級化粧水レベルだと報告しています。その中でも特に優れているポイントがうるおい効果です。中国地方で訪れるのであれば、まずは一番に選びたい所と言えるでしょう。

まるで化粧水のようなお湯を手軽に持ち帰ることができるスポットも存在しています。それは湯薬師広場たらい湯と呼ばれるところです。玉造のお湯の源泉を自由に汲むことができ、観光客や地元の愛好家からは大人気のスポットとなっています。持ち帰り専用のボトルが200円で販売されていて、無人販売所もあるので、手ぶらで言ったとしても安心です。かわいいラベルが貼られていますが、このラベルは地元の人が手作業で貼っているとも言われています。スプレーボトルになっているので、そのまま化粧水としても使うことが可能です。またこのお湯を配合したコスメも販売されています。このお湯の素晴らしさをたくさんの人に知ってほしいという思いから生まれたコスメブランドで、美肌研究所姫ラボと呼ばれるものです。店舗のスタッフは全員が温泉ソムリエの資格を持っていて、美肌のプロフェッショナルとも言えるでしょう。コスメの中でも一番の人気となっているものが姫ラボ石鹸と呼ばれるものです。まるで生クリームのようにきめ細かい泡で、もっちりとしている特徴があります。玉造のお湯が配合されているので、洗顔後には肌がしっとりとすることでしょう。そのほかにも化粧水には何と玉作りのお湯が約80パーセントも使用されています。続けて使用することによって、毎日美肌の湯に浸かっているような効果が期待できるかもしれません。”

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>