日本最大級の温泉

by admin 0

日本最大級の温泉で映画の舞台にもなったのが、群馬県の宝川温泉です。

歴史がかなり古く、水上から利根川を遡り藤原湖の北端から宝川を1kmほど遡った場所に存在します。

昔は藤原郷とも呼ばれていた地域に属し、泉質は単純温泉です。

現在の源泉は4本あり、湧出量は毎分1800リットルもあります。

日本でも有数の湧出量で、群馬県の伊香保温泉にあるすべての旅館の湯量よりも多くなっています。

 

日本武尊が病気になったときに、白鷹によって宝川の湯に導かれて入浴すると病気が治ったというエピソードがあります。

温度は40度から68度で昔の源泉は全て自噴泉だったものの、現在は動力泉になっています。

宝川の名は、江戸時代から昭和の初期頃まで川で行われていた銅の採掘が由来です。

 

現在な宿泊施設群は大正時代からのもので、現在の源泉は昭和の時代にボーリングされたものになります。

昭和20年代後半からスタートしたダム工事に伴い道路が建設されます。

電気も通るようになり、徐々に観光客が増えます。

世界的に有名になった一軒宿があり、国内外から多くの観光客が訪れています。

 

天下一の大露天風呂では、美しい四季の表情を眺めながらのんびりと入浴ができます。

渓流沿いに広がっている露天風呂は4つあり、総面積は470畳分にもなります。

 

駅から無料送迎バスに乗って約30分ほどで老舗旅館に到着します。

海外からも多くの観光客が訪れるため、英語が堪能なスタッフも多いです。

旅館でチェックインを済ませると、旅館内で着用する浴衣を選びます。

老舗旅館は昭和40年代の建物ですが、すみずみまで掃除が行き届いているので清潔感に溢れています。

 

最も大きな露天風呂は子宝の湯で、大きさは約200畳もあります。

旅館は山間部にあるため、素晴らしい自然を堪能しながら露天風呂を楽しむことができます。

豊富な湯量があるため、約470畳の露天風呂でもお湯が満ちています。

泉質は弱アルカリ性なので、美肌効果も期待できます。

宝川との距離が近いこともあり、川のせせらぎも聞こえます。

露天風呂は24時間入浴することができ、夜になるとライトアップしてくれます。

同じ露天風呂でも、昼間入るのと夜入るのでは違った趣があります。

 

他の露天風呂も魅力があり、約120畳の露天風呂も子宝の湯と同様に人気が高いです。

般若の湯は比較的浅い湯船なので、小さな子どもでも問題なく入ることができます。

麻耶の湯は約100畳で、女性専用の露天風呂です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>