地獄谷野猿公邸

by 日本の薬湯 0

地獄谷野猿公邸

地獄谷野猿公苑は、日本の中部地方に位置する長野県の下高井郡山ノ内町にあります。この地域は県内でも北東に位置していて、多くの観光名所があることでも知られています。代表的なものには、志賀高原や湯田中渋温泉郷などがあり有名です。この湯田中渋温泉郷には、地獄谷温泉という野生のニホンザルが入浴することで知られるところもあります。ここには野生のサルの生態を観察することができる公園がありますが、それがこの地獄谷野猿公苑です。ここは日本国内からだけでなく、海外からも多くの観光客が訪れている国際的に有名な観光地でもあります。

上信越高原国立公園の一部に当たる志賀高原は下高井郡の辺りに広がっている高原ですが、地獄谷野猿公苑は志賀高原から流れている横湯川の渓谷の奥深いところに位置しているというロケーションです。苑内には沸騰したお湯を噴き上げている、渋の地獄谷噴泉と呼ばれている源泉があります。冬になるとこの辺りは1メートルを超える積雪が見られるところで、最低気温はマイナス10度にもなります。そのような厳しい寒さに見舞われる場所に生息している野生のニホンザルは、地獄谷温泉に浸かって温まる様子が見られます。周囲に雪が積もっているなかでお湯に浸かっているニホンザルは、海外からの観光客からの多くの興味を引き付けていて、スノーモンキーと呼ばれているようです。

地獄谷野猿公苑が設立されたのは1964年のことでした。その木柄期はサルと人間が共生できるような仕組みを作るためだったそうです。この地域にはもともと多くのニホンザルが生息していましたが、戦後に林業が盛んになっていた時期に山に住む場所を失くしたサルたちが里まで下りてくるようになり、田畑への被害が深刻になりました。そのため駆除することになったのですが、それに反対した初代の苑長が農家への被害を減らすために野生の猿を餌付けし、現在のような公苑を開いたのです。

この公苑の見どころはやはり、サルたちが入浴する温泉露天風呂といえます。この風呂は人工的に作られたもので、縦4メートル・横10メートルほどの大きさです。初めはサルたちに風呂に浸かる習慣はありませんでした。しかし、とある子ザルが人間用の風呂に入浴したのをきっかけに、次第に多くのサルたちに広まり風呂に入るようになりました。その後はサル専用の露天風呂が整備され、今では気温が下がる冬季にはサルたちが入浴するようになっています。