おすすめの薬湯

by 日本の薬湯 0

冷え性でひざ掛けや厚手の靴下やネックウォーマーや腹巻や手袋などの防寒アイテムが手放せない、手足が冷たくて寝つきが悪く寒さで夜中に何度も目が覚めてしまう、首や肩や背中の筋肉が緊張状態に陥っていて肩こりや頭痛や首こりや眼精疲労やめまいや吐き気や耳鳴りの症状に襲われる、腰痛や関節痛や神経痛がつらくて体をスムーズに動かすことが出来ず可動域も狭くなったような気がする、肌環境を健やかな状態に保つことが出来ず湿疹やニキビやあかぎれやしもやけや汗疹などの皮膚トラブルが多発する、肉体的な疲労感や心的なストレスが常につきまといからだがどんよりと重いなどの不調がある方は多いのではないでしょうか。

整体院や整骨院で骨盤矯正の施術を受けて全身のバランスを整える、ストレッチやウォーキングやジョギングや体操やヨガや筋トレなどの運動で新陳代謝を活発にさせる、ネギやニラやショウガや根菜類やニンニクなどの体を温める作用を持つ食べ物を食べて体の中からポカポカさせる、代謝アップ効果が期待できる成分であるビタミンB群やカプサイシンやアルギニンやカルニチンなどを摂取する、腰痛ベルトやコルセットやサポーターやテーピングなどを用いて可動域を制限して間接にかかる負担を軽減させる、湿布や塗り薬や内服薬やお灸などを用いて痛みを緩和させる、瞑想をしたりハーブティーやアロマやヒーリングミュージックなどの力を借りたりして精神をリラックスさせる、睡眠をしっかりととって疲れやストレスを解消させ自律神経のバランスが崩れないようにする、保湿ケアを徹底的に行い角質のバリア機能を高めるなど不調を改善させるための対策方法には様々なものがありますが、自然の恵みがたっぷりと凝縮された薬湯で心身ともに癒されるというのもその一つです。

 

日本三大薬湯といえば、兵庫の有馬温泉と群馬の草津温泉と新潟の松之山温泉です。この三つのエリアには薬湯を堪能することが出来る魅力的な温泉宿がたくさんありますが、遠くてなかなか足を運ぶことが出来ないという方も多いでしょう。

 

そんな方におすすめなのが、薬湯の入浴剤です。自宅に居ながらにして、有馬温泉や草津温泉や松之山温泉の泉質を楽しむことが出来ます。おすすめの入浴剤は、センキョウやブクリョウやサンシンやチンピやカンゾウなどの定番の生薬がバランスよくブレンドされたタイプのものです。冷え性や肩こりや腰痛や神経痛やリウマチや関節痛や皮膚疾患など、幅広い不調にアプローチすることが出来る万能さが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>